作品紹介作品紹介

真夏ですら雪が溶けない不思議な土地「龍神村」。
そこで主人公は6人の少女と出会い、村に伝わる「龍神伝説」の真実に迫る事になる――。

2003年発売のPC版にはじまり、家庭用ゲーム機でも大ヒットした美少女アドベンチャーゲームの名作が、シナリオ、グラフィック共にパワーアップしてPSPに登場!

プレイステーション2版の特徴PSP版の特徴

▲追加キャラクターの謎の少女

キャラクター&ストーリー追加
2003年のPC版発売時には4ヒロイン分だったストーリーラインがPortableでは6ヒロインに! さらに新たなストーリー分岐も加わってシナリオ、グラフィック共に厚みを増しました。

音声を完全新録
大人気声優によるキャラクターボイスを完全新録。もちろん、オリジナルキャラクターボイスも人気声優が吹き込みます!
(キャラクター音声は、主要シーンに声の入るパートボイス仕様です)

プロローグプロローグ

主人公「出雲彼方」は、大学への入試に失敗し、従姉が経営する旅館でアルバイトをする事になった。

10年前に一度訪れた事のあるその村――真夏ですら雪が溶けない山奥にある「龍神村」――は、変わることなく彼を迎えてくれるハズだったが……。

大人になってから訪れた龍神村は、子供の頃には気付かなかった不可思議な土地だった。

そこで出会うのは6人の少女達。彼女達とふれあううちに、少しずつ、村に伝わる「龍神伝説」の真実に迫る事になる……。

キャラクター紹介キャラクター紹介
 
雪月 澄乃(ゆきづき すみの)  CV:川澄綾子
 
主人公の幼馴染。「命の源」とまで言い切るほどの大のあんまん好き。口癖は「えうー」。 ほんわかした性格で、何事に対しても要領が悪い。人を疑うことを知らず、どんな嘘でもすぐに信じてしまう、澄んだ心の持ち主。

 
若生 桜花(わこう おうか)  CV:金田朋子
 
神社の境内で、両親の帰りを待つといって、猫のシャモンと遊んでいる少女。生意気なところがあるが、とても心優しい女の子。 普段は強気だが、本当は甘えたがっている。

 
日和川 旭(ひよりがわ あさひ)  CV:田村ゆかり
 
悪を退治すると言って、主人公らの前に突然現れる少女。思い込みが激しく、目的を果たすためなら手段を選ばない。 じっとしているのが苦手で、常に忙しなく動き回り、身軽だがけっこうドジ。元気だけが取り柄のトラブルメーカー。

 
橘 芽依子(たちばな めいこ)  CV:渡辺菜生子
 
澄乃の同級生で親友。村に伝わる龍神伝説を研究している。他人をからかうのが大好き。 (芽依子ストーリーはPS2版で追加されました。)

 
北里 しぐれ(きたざと しぐれ)  CV:池澤 春菜
 
村はずれの山中で出会う少女。極端に人と接する事を恐れていて、最初は全く会話にならない。常に愁いを帯びた表情をしている。

 
謎の少女  CV:小野 涼子
 
PC版最新作「SNOWプラスエディション」で追加された新キャラクターが、PSPにも登場! さらにPSP版ならではのオリジナルストーリーとビジュアルも追加されています!

 
佐伯 つぐみ  CV:水谷 優子
 
出雲彼方の従姉妹で、温泉旅館「龍神天守閣」の女将。低賃金でコキ使おうと、彼方を呼び寄せる。村一番のトラブルメーカー。

 
雪月 小夜里  CV:篠原 恵美
 
澄乃の母親。女手ひとつで「雪月雑貨店」を経営し、澄乃を育ててきた村一番のシッカリ者。

 
橘 誠史郎  CV:松本 保典
 
村で唯一の医療機関「橘診療所」の医師。カンと気分とフィーリングの人だが、意外と頼れる一面も持つ。
ゲームシステムゲームシステム
システムはオーソドックスな選択肢分岐型のアドベンチャーですが、映像効果に凝った、遊び心満載の演出がいっぱいです!!

気象の変化
晴れ、曇り、雪、猛吹雪まで、多様な気象を特殊効果と多重スクロールで演出。

抱っこシステム
桜花を抱っこできます。(桜花限定??)

       
  タイトル SNOW-PORTABLE-  
  発売日 ・パッケージ版
 2007年8月16日
・ダウンロード版
 2010年01月21日
 
  ジャンル 恋愛アドベンチャー  
  機種 PSP  
  希望小売価格 ・パッケージ版
 5,040円(税込)
・ダウンロード版
 3,500円(税込)
 
  年齢区分 CERO・C区分
(15才以上対象)
 
  パッケージ版DISC枚数 UMD1枚  
       
         
  (C)2007 Studio Mebius/VisualArt's
/PROTOTYPE